果実酒

日本酒の種類に関して

お酒を選ぶ際に『大吟醸』、『純米酒』などの表記があり何がちがうのか、困った経験は御座いませんか。
一昔間は特定の表記ではなく、特級、一級、二級というカテゴリで日本酒の分類をしていましたが日本酒の製法の多様化が進み現在のような表記に分類されるようになりました。

大前提に日本酒の種類で定義分けされるものには大前提として麹歩合が15%以上という定義がありますが、日本酒には大きく分けて2つのグループに分けることができます。
それは精米歩合、アルコールの添加の有無に分けられます。
まず、精米歩合ですが50%以下のものを大吟醸酒、60%以下のものを吟醸酒、70%以下のものを本醸造酒、アルコールを添加していないものを純米酒と呼び、たとえば精米歩合50%、アルコールを添加していないものは『純米大吟醸酒』というように呼ばれる。

ここで紹介した分類は、あくまでも製法による分類であり、この表記が酒の良しあしを判断するものではありません。
目安としては精米歩合の高いものは、旨味が凝縮されていて、味が濃い、精米歩合が低いものは香り高く、すっきりとした飲みごたえがあるようなお酒になります。
また日本酒には日本酒度という表記がありプラス数値が高いと辛口、マイナス数値が高いほど甘口というように判別することもあります。


このページの先頭へ