果実酒

製造方法による日本酒の違い

まず日本酒は大きく分けて清酒と生酒という対照的な種類に分類することができます。
清酒とは製造工程において貯蔵をする際、瓶詰の作業をする際に2度火入れと呼ばれる加熱殺菌処理を行いますが、生酒はまったく火入れを行いません。
火入れという加熱殺菌処理に関しては、そもそも日本酒はアルコール度数がある程度ある為、雑菌などは繁殖しないのですが、火落ち菌と呼ばれる乳酸菌の一種は人体に無害ではあるが、日本酒のアルコール度数でも生存、繁殖することが出来るそうです。
これらが繁殖することで日本酒の酸化を促進し、独特の臭みが生まれ、風味を劣化させてしまうと言われています。

しかし火を入れる清酒とは対照的に火を入れない生酒は風味が豊かであり味も新鮮である為、好まれるお酒の製造方法であるとも言えます。
その他にも出荷前に一度だけ火入れを行った生貯蔵酒、生詰酒と呼ばれる一度火入れを行い貯蔵、熟成をし瓶詰時には火入れをしないもの、生一本と呼ばれ一か所の醸造所のみで造られた混じりけのない純米酒、加水をしてアルコール分の調整を行わない原酒と呼ばれる日本酒があります。

それぞれ特徴的であり、日本酒の風味、味を楽しむ醍醐味でもあるので日本酒を飲む際はこの製造方法を意識してみてはいかがでしょうか。



このページの先頭へ