果実酒

日本酒の歴史について

日本酒と言えば米を原料にして、酵母を利用して造るお酒ですが、生物学に分類される酵母のその起源は考古学的見地からは日本酒の研究が進んでいません。
ただ最古の記述としては700年以降に口かみノ酒と呼ばれる、生米を口の中で噛み、吐き出して発酵させたものを酒として飲んだとされるものや携行食の干し米がぬれ、カビが生えたのでそれを応用し酒を作ったなどの文献が残されています。

このようにお米を利用したお酒の原型と言われるものは、祭事、神前などに利用されたものであり、嗜好品目的で製造されたものではありませんでした。
そして日本に身分制度が確立し始めた時期から皇族や貴族に嗜まれるようになり本格的な醸造が始まり、現在の清酒のような日本酒が造られ始め、少しづつ民間へと広く知れ渡り広まったと言われております。

その後、幕府により酒の醸造を規制されたり、緩和されたりを繰り返し、安土桃山時代には仕込み桶が発明され酒の大量生産が可能となり、各地でその土地の食文化を生かした地酒が製造されるようになり、現在のように多様化が進んでいったとされています。
古くからお米を栽培、主食とする日本人にとってはお米で造ったお酒は切っても切り離せない関係にあると言えるのではないでしょうか。


このページの先頭へ